★整体院HPで全国トップクラスの充実度!
⇒仙台やすらぎの杜整体院のオフィシャルHP
⇒仙台で椎間板ヘルニアでお悩みの方

2010年04月08日

筋膜整体

宮城県仙台市のやすらぎの杜整体院です。

久しぶりに整体院のホームページを更新しました。

筋膜について少し書いてみました。


筋膜整体
タグ:筋膜
posted by 仙台市やすらぎの杜整体院 at 14:59 | Comment(0) | 線維筋痛症 筋筋膜性疼痛症候群

2010年03月26日

脊柱管狭窄症 治癒体験談

宮城県仙台市のやすらぎの杜整体院です。

ミクシィの日記にいただいたコメントを紹介します。
その前にまずは本日のミクシィ日記の内容から。

----------------------------
今月末までは予約がほぼ全て埋まっている状況です。

明日は土曜日でいつも、土曜日は予約一杯ですが
その上キャンセル待ちの人が数名いらっしゃいます。

「私は治しません」

という意思を明確にしているのにも関わらず
本当に伝えたいことを理解して下さっている方が
たくさんいてくれて、ご支持をいただいて
本当にありがたいです。


「治る力は自分の内にある」

ということに気づいていただき
その力を発揮するお手伝いをしていきたいです!
----------------------


という日記に対して下記のようなコメントをいただきました。


-------------------
『「脊柱管狭窄症」だから』肘が痺れたり、肩甲骨の下部の痛みが発生したと整形外科の医師に言われ、薬を飲んで首の牽引をしても、症状の改善が見られなかった私ですが、先生に施術をしていただき、痛みの原因も判明し、痛みも出なくなり、毎日セルフケアをし乍ら生活しています。

私は「治ってしまいました」\(^o^)/

感謝感謝です

------------------


そもそも脊柱管の狭窄が原因で症状が出ていたわけではないと考えています。

私がやったことは「どうしたら気持ちがいいか」探すお手伝いをしたくらいで、この方が自分で治したというわけです。
posted by 仙台市やすらぎの杜整体院 at 13:14 | Comment(0) | 線維筋痛症 筋筋膜性疼痛症候群

2009年11月28日

線維筋痛症の原因とは?

宮城県仙台市のやすらぎの杜整体院です。

原因も治療法も不明といわれている線維筋痛症。

昨日は、線維筋痛症の患者さんが、
偶然ではありますが2名続けて来院されました。

お2人とも、その後お礼や質問などのメールをいただき、
お返事を差し上げたのですが、やりとりと通じて気がついたことがあります。



お2人に共通していたのは、


■筋骨格系のバランスの歪み

■陰性食品の過剰摂取

■社会・心理的因子(イエローフラッグ)の存在



でした。


動と食と想の不調和が線維筋痛症の原因として関与してるのではないかと思いました。


4つの自己責任行動「息食動想」は同時相関相補作用がありますから、おそらく呼吸も浅くなっているかもしれません。


いろいろな症状の患者さんが来院されますが
特に慢性症状の改善のためには、
総合的なアプローチが必要であると感じます。


ただ受身的な治療を受け続けるだけでは
症状は何度も再発します。


積極的に健康になる姿勢が大切と考えていますので、
日常生活での指導にも力を入れています。



昨日の線維筋痛症で来院された方からいただいたメッセージです。

---------------------
昨日来院させていただきました●●と申します。

日記(ブログ)を拝見させていただきましたが、
昨日のことが書かれていて何だか嬉しかったです。

前の方も線維筋痛症ということでびっくりしました。

この病気はガン患者よりも多く、
日本で200万人いるといわれています。

昨日施術していただいて、本当に楽になりました。
あれから姿勢を正しても苦しくありません。


毎日先生に教わった操体法をしてみたいと思います。
またよろしくお願いします。
-------------------------------

posted by 仙台市やすらぎの杜整体院 at 12:45 | Comment(0) | 線維筋痛症 筋筋膜性疼痛症候群

2009年11月27日

線維筋痛症と操体法

宮城県仙台市のやすらぎの杜整体院です。

今日は、医療機関で線維筋痛症と診断を受けている患者さんが来院されました。

7年前から筋肉や関節の痛みで苦しんで、最近になって線維筋痛症の診断を受けたのだそうです。



----------------
線維筋痛症とは、全身的慢性疼痛疾患であり、全身に激しい痛みが起こる病気です。


全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。
その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。


明確な診断基準はなく、現段階では1990年に発表されたアメリカリウマチ学会の分類基準を参考にしています。
全身に18箇所の圧痛点があり、4kgの力で押し11箇所以上痛く、また広範囲の痛みが3ヶ月続いていることが条件。11箇所以上でなくても専門医の判断で線維筋痛症と診断されることもあります。


患者の多くは診断されるまで、何箇所もの医療機関を何年にもわたってまわり続けることになってしまうのです。


原因はまだ未解明です。
アメリカでは、中枢神経の異常によって痛みの回路が変わり痛みを増幅させているのではないかと考えられているようです。が、はっきりはしておりません。
----------------------
線維筋痛症友の会HP
http://www5d.biglobe.ne.jp/~Pain/fms.htmlより引用


と難しいことが書かれていますが、
身体のあちこちに慢性のコリができているに過ぎません。
(個人的にはそのように考えています)


慢性のコリや痛みの原因は、元をたどれば生活習慣です。
息、食、動、想の自己責任行動と環境に原因があります。


それらの生活習慣の不調和をなくしていくことが大切です。


今日の患者さんにもそのことをお話しました。



首や肩に痛みがあります。
右の股関節も痛くて曲げるのがつらい。


施術としては骨盤や頸椎のねじれを取りのぞく調整。
説明はあれこれしましたが、
施術時間は5〜10分程度でした。


股関節も痛みなく動けるようになり、
首もクルクル回るようになりました。

痛みがかなり改善し、喜んで帰られました。



とそこへ、次の患者さんが親子で来院されました。

お話を伺うと娘さんの方が線維筋痛症とのこと。

なんと線維筋痛症の方が2人連続でご来院。
こんなことは初めてです。

医療機関をいっぱいめぐったけど、どうにも改善せず、
思い切って整体に来てみたそうです。


食生活にも問題があったのでその改善指導をして、
あとは前の患者さんと同じようにお話をして、
施術は身体が望んでいることだけ、
必要最小限の刺激です。


ボキボキすると思って緊張されていましたが、
あっけないくらいのソフトな刺激で身体がすごく楽になってしまいました。


そばで見ていたお母さんは、娘さんの変化にびっくりしています。

母「本当にあれだけで楽になったの?」

娘「身体じゅうつっぱってたのがすごく楽になった!」

母「ちょっと脚を触って、ちょっと首を触っただけなのに不思議ですね〜!」




まっすぐ座ったり立ったりするのも痛くて辛かったのが、
姿勢もピンと伸びて、「こうやって姿勢を良くしてもすごく楽です!」
とのこと。



施術の所要時間はほんの10分くらいです。
かるく触ってゆ〜っくり動かしただけ。


でも私が治したわけでもないし、
線維筋痛症の特別な治療をしたわけでもありません。


私がやるのは、患者さんの身体がどんな風に動きたがっているのか?
ということを見つけだしてそれを味わうお手伝いをしただけです。



慣れれば自分ひとりでもできるようになります。
簡単なのです。

身体のことは身体に聴けばちゃんと教えてくれます。


その身体の声の聴き方や対話の仕方を覚えて、
家でも実践するとどんどん身体の機能は回復します。


普通の整体やカイロとはまったく違います。


身体の自然治癒力を引き出すお手伝いをしています☆
posted by 仙台市やすらぎの杜整体院 at 13:04 | Comment(0) | 線維筋痛症 筋筋膜性疼痛症候群
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。